実用新案登録の費用と存続期間

実用新案登録の費用は特許より安い

特許の出願を行いたいと考えても、実際に特許に該当する技術かどうかが解らない場合がよくあります。
しかし、他社が同様の技術を特許出願してしまうと、技術の使用を独占されてしまいますのでビジネスに大きな障害になります。
そのような場合には実用新案登録を目指すという方法があります。
実用新案登録は最新の技術だけではなく、技術の組み合わせに対して有効でありますので自社の技術を活かしたい場合にはとても有効です。
また、特許出願に関わる申請の費用や期間に対しても、実用新案の場合は登録にかかる負担が小さくなります。
一般的には、いろいろな技術を各社が開発して特許レベルでの認識で出願を行います。その特許の出願の申請をする上で、他社に類似の出願タイミングが早い先願の特許があったり、またビジネス上で今回出願している技術の内容が利益を得る可能性が小さい場合には、費用の負担が少ない特許から実用新案登録に変更するケースもよくあります。

実用新案登録の知識:存続期間は出願日から10年

実用新案登録の知識 実用新案登録は、審査なしで出願から早期に登録されるため、開発した技術の権利を早期に保持したい場合に有用です。
しかしながら、その権利の存続期間は、登録後、出願日から10年であり、延長することはできません。これは特許権が登録後、出願日から20年存続するのと比較して短いです。
したがって、実用新案登録は、登録した技術を用いた事業化の計画が10年程度である場合に適しています。
実用新案として登録したものの、その後より長い期間権利を保持する必要が生じたという場合には、権利の保持期間がより長い特許出願へ変更(実用新案登録に基づく特許出願)するという手段を選ぶことができます。
特許出願へ変更するには、もとの実用新案登録の出願日から3年以内に行うことなどの条件を満たす必要があります。
また、特許出願に変更されると、もとの実用新案権を放棄しなければならないという注意点があります。
このように実用新案権および特許権にはそれぞれ特徴がありますので、その特徴を生かし、事業化計画に合った技術の権利化を行うことが望ましいです。"

Valuable information

塾を上尾エリアで調べる

2018/8/7 更新

おすすめ記事
「実用新案 期間」
に関連するツイート
Twitter

【意匠法】/定義/ 意匠権とは、意匠登録を受けた意匠「登録意匠」および「これに類似する意匠」(特許法、実用新案法にはない)を、「業として」「独占的」に実施しうる「排他的」な権利。存続期間は、設定「登録」の日から「20年」をもって終了。「関連意匠」は本意匠の存続期間と「同期限」。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 昨日 15:05

実用新案法】/特許権との違い/ [対象]:(特)発明。物でも方法でも可。無形物でも権利取得できる。(実)考案。物品に具体化されなければならない。 [制度]:(特)審査請求制度(実)技術評価書制度  [存続期間]:(特)20年。5年まで延長可能。(実)10年。延長なし。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 昨日 12:05

実用新案法】/定義/実用新案権は、産業財産権の1つで、実用新案登録を受けた考案「登録実用新案」に係る物品の製造・使用・譲渡等を「排他的」・「独占的」になしうる権利。存続期間は、実用新案登録「出願」の日から「10年」をもって終了する。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 昨日 11:05

第三十六条の二 2(続き)本文の期間の経過後であつても、その特許出願の分割、出願の変更又は実用新案登録に基づく特許出願の日から二月以内に限り、外国語書面及び外国語要約書面の日本語による翻訳文を提出することができる。

【意匠法】/定義/ 意匠権とは、意匠登録を受けた意匠「登録意匠」および「これに類似する意匠」(特許法、実用新案法にはない)を、「業として」「独占的」に実施しうる「排他的」な権利。存続期間は、設定「登録」の日から「20年」をもって終了。「関連意匠」は本意匠の存続期間と「同期限」。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 5/23(木) 7:05

実用新案法】/特許権との違い/ [対象]:(特)発明。物でも方法でも可。無形物でも権利取得できる。(実)考案。物品に具体化されなければならない。 [制度]:(特)審査請求制度(実)技術評価書制度  [存続期間]:(特)20年。5年まで延長可能。(実)10年。延長なし。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 5/23(木) 4:05

実用新案法】/定義/実用新案権は、産業財産権の1つで、実用新案登録を受けた考案「登録実用新案」に係る物品の製造・使用・譲渡等を「排他的」・「独占的」になしうる権利。存続期間は、実用新案登録「出願」の日から「10年」をもって終了する。

Twitter知的財産法ボット@chizai_bot

返信 リツイート 5/23(木) 3:05

→本文の期間の経過後であつても、その特許出願の分割、出願の変更又は実用新案登録に基づく特許出願の日から2月以内に限り、外国語書面及び外国語要約書面の日本語による翻訳文を提出することができる。

【意匠法】/定義/ 意匠権とは、意匠登録を受けた意匠「登録意匠」および「これに類似する意匠」(特許法、実用新案法にはない)を、「業として」「独占的」に実施しうる「排他的」な権利。存続期間は、設定「登録」の日から「20年」をもって終了。「関連意匠」は本意匠の存続期間と「同期限」。

実用新案法】/特許権との違い/ [対象]:(特)発明。物でも方法でも可。無形物でも権利取得できる。(実)考案。物品に具体化されなければならない。 [制度]:(特)審査請求制度(実)技術評価書制度  [存続期間]:(特)20年。5年まで延長可能。(実)10年。延長なし。